【こどもみらい住宅支援事業】始まります!!

  New


子育て支援及び2050年カーボンニュートラル実現の観点から、

こどもみらい住宅支援事業】が2021年11月26日閣議決定されました!

これは子育て世帯・若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図るため、また子育て世帯・若者夫婦により高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や、全ての世帯を対象とした省エネ改修に対し補助金を交付する事業です。



補助対象となる事業

➀注文住宅の新築

②新築分譲住宅の購入

③リフォーム


ただし、

➀注文住宅のの新築②新築分譲住宅の購入については子育て世帯又は若者夫婦

世帯が取得する場合に限ります。

 ※子育て世帯・・・・申請時において18歳未満の子がいる世帯

 ※若者夫婦世帯・・・申請時において夫婦いずれかが39歳以下の世帯


補助額

➀注文住宅の新築及び②新築分譲住宅の購入

       →住宅の省エネ性能等に応じて60万円から100万円

②リフォーム →実施する補助対象工事及び発注者の属性等に応じて5万円

から60万円


嬉しいPOINT

リフォーム工事の補助金申請は年代問わずできます!!


対象工事の詳細は、

(1)開口部の断熱改修

 ・ガラス交換

 ・内窓設置

 ・外窓交換

 ・ドア交換


(2)外壁・屋根・天井又は床の断熱改修


(3)エコ住宅設備の設置

 ・太陽熱利用システム

 ・節水型トイレ

 ・高断熱浴槽

 ・高効率給湯器

 ・節水水栓


(4)子育て対応改修

 ➀家事負担の軽減に資する設備を設置する工事

  ・ビルトイン食洗器

  ・掃除しやすいレンジフード

  ・ビルトイン自動調理対応コンロ

  ・浴室乾燥機

  ・宅配ボックス

 ②防犯性の向上に資する開口部の改修工事

  ・外窓交換

  ・ドア交換

 ③生活騒音への配慮に資する開口部の改修工事

  ・ガラス交換

  ・内窓設置

  ・外窓交換

  ・ドア交換

 ④キッチンセットの交換を伴う対面化改修工事

  1.キッチン用シンク(給排水設備と接続されていること)

  2.調理台

  3.コンロ(IHクッキングヒーター含む)

  4.調理室用の換気設備

  上記1~3の少なくとも2つ以上の設備に正対して立った位置からリビング  

  orダイニングの過半を見渡すことのできりようになること



(5)耐震改修


(6)バリアフリー改修

  ・手すりの設置

  ・段差解消

  ・廊下幅等の拡張

  ・ホームエレベーターの新設

  ・衝撃緩和畳の設置(4.5畳以上)


(7)空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置


(8)リフォーム瑕疵保険等への加入


※上記(1)~(3)のいずれかは必須。(4)~(8)は任意。

※1申請当たりの合計補助額が5万円未満の場合は申請不可。


昨年はポイント制での還元でしたが、今回は補助金制になりましたのでリフォーム工事代金への支払いに直接利用できます!

ただし、補助金申請は本事業に登録済みの建築事業者・販売事業者しかできません。

弊社は登録業者となりますので補助金利用のリフォーム工事をお考えのお客様もご安心を。

本事業の大きな特徴はポイント制から補助金制になった事とリフォーム工事に関しては年代問わず補助金申請できることですね!!


補助対象期間は2021年11月26日以降の契約で新築は2022年10月31日までに着工、リフォームは2022年10月31日までに工事完成となりますが、上記期間前に予算額に達した場合は締切日を待たずに終了となります。

今回の【こどもみらい住宅支援事業】は昨年のグリーンポイント制度の予算額の約半分となっていますので、リフォーム工事をお考えのお客様はぜひお早めにご相談下さい!


建物の心配事・お困りごとは安心自社施工の静岡県富士市の鈴木建設までご連絡を!

お見積もりは無料です!

お問い合わせはこちらまで↓

アーカイブ

人気記事